×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

関西大学落語研究会の
お手伝い

2005年の8月末に関西大学の落語研究会の方々が広島にやってきました。
学生とは思えぬ落語を披露し、多くの観客を魅了したのです。
その時の模様を簡単にご紹介です。



広島のNPO法人コーチーズの企画によって実現らしい。



当時大学1年生の「九里坊」さん。
古典落語の「つる」を披露。1年生とは思えぬ腕前を披露。



女流落語家「さんご」さん。
「天狗さし」という落語を披露し、多くの観客の心を掴む。



「志い蒼」と書いて「シイソウ」さん。
「ちりとてちん」という落語は分かりやすくて笑い連発。



「不良雲」と書いて「ブラウン」さん。
トリだけに落語の技が光る。落語項目は忘れました、すいません。



Sお笑い研究会は何をしたのか?というと、実はこの会場のお手伝いをしただけ
簡単な会場作り、チケットのもぎり、デジカメ収録。それだけなんで写真にも載ってないわけです。
ちなみにこの時参加した部員は当時の部員4名中2名。ギリギリな活動です。